ムーミンパパ かっこいい

パパ「やぁ皆さん、おそろいでどこかお出かけですか?」
職員(隊長)「我々は動物園の職員であります」
パパ「ほぉうそれはそれは、ご苦労様」
 ~中略~
隊長「ちょっとまった、第一そういうお前さんだってカバではないか!?」
パパ「違う!私はムーミンパパだ!この家の主人だ!」
隊長「確かにこの家の主人だな?」
パパ「そうだ!」
隊長「諸君ッ!我々はこれよりこのカバの家に突入するッ!!突撃準備ィ!!」
パパ「それは不法家宅侵入だぞォッ!!」
隊長「煩い!お前たちカバ一家も動物園に収容する!扉を開けろ!」
パパ「ムーミン一族の象徴、この帽子に誓ってお前たちを中へはいれん!」
トーベ・ヤンソン&ラッセ・ヤンソン作 楽しいムーミン一家5 より
帽子が象徴だったのか。それに誓えるくらい、象徴って大切なもんですね。
「私はトロールだ!」ではなく「私はムーミンパパだ!」
カバじゃないもん。動物園に収容されてたまるもんか。

タイトルと内容があってない。

「ねぇ、ママ。自由って素晴らしいね。」
うさんくさい科学によって論理的であると判を押す。
保護・保障されてるうちに、自由を与えられるくらいなら管理された方がましになっちゃう。
[PR]
by 18682012 | 2011-06-08 23:39 | 読書