タグ:アメリカ映画 ( 2 ) タグの人気記事

脅迫・暴力じゃないか。
また映画作っておまえら責め立てるよ、あんたら酷いことしてんだよイルカ様に!
これは、やくざやさんが銃弾送り付けるかのごとし。

鳥獣保護区に突っ込んだり、マグロの画を映したり、いかした手法をお使いの映画だ。プロパガンダとはこういうものだ。

イルカと鯨の違いは?ただの大きさの違い。しかもクジラと名前についている一番小さい種は、イルカの一番大きいのより小さい。感覚的なもの。大雑把に区切ると、小さい種は爆発的に個体数を増やしている。寿命の長い大きな種はなかなか増えていない。

クジラは哺乳類。アザラシやトドを含む海棲哺乳類は保護団体が元気だ。個体数をはっきり数えられないせいもあるかな。かわいそうだの、牛豚殺すのは手際よくやってるだの、人間様はおこがましいな。頭がいいから殺しちゃだめってんなら、馬鹿なあんたは食われてもしゃあないな。

水銀の濃縮うんぬん。死にやしませんよ、米のごとく常に食べるわけでもあるまいし。

私は捕鯨賛成。小型は特に。調査捕鯨は褒められない利益の得方をしてるし、限度を知らず枠を拡大し続けるなんて許されない。
だから感情的にならずに、きちんと議論し枠を決め、捕鯨と漁業のバランスをとり持続可能な漁業をしようね。

クジラ肉は戦後食糧が不足した際の救世主だった。日本固有の文化だと言うつもりはありません。西洋と東洋での感覚的な隔たりは計り知れません。ジャパンバッシングの一貫のような気がします。だんだん不快になる、また日本か、と。
日本人は「油をとるためだけに捕鯨しまくつた西洋人に言われたくない、残さず利用してる」と思う。お残しを許さない勿体ない精神は掛け替えのないものだった。今は結構物を大切にしてない。買わせろ飽きさせろ季節感をなくせ。電通大勝利。
西洋人は魚や海藻をあまり口にしない。特に頭足類は不浄なるものらしく、地中海の一部で食べるくらいなのかな。西洋人は思います、「そんなもの食う日本人は野蛮だ」。
なので他国の犬やネコや熊やを食す習慣を叩くことは、自分の首を絞めることになる。

最近流行りのサステナビリティ発祥は水産学。資源は有限か。地球はうまいこと物質循環してるか。規模がでかいな。何にせよ、海洋資源を有効活用しないと、陸の生産だけじゃ人口を支えきれなくなるのは目に見えている。
[PR]
by 18682012 | 2011-03-02 12:36 | 時事
監督 スタンリー・キューブリック
出演 マシュー・モディーン、ヴィンセント・ドノフリオ

ネタバレ注意


「貴様らはウジムシ以下の存在だ」

前半は海兵隊新兵訓練。後半は前半で兵器と化した海兵隊員のベトナム戦争市街戦。

最初からクライマックス。唐突にバリカンで丸坊主に刈られている場面から始まる。そして、訓練教官が韻を踏みまくりの無駄に豊富な語彙で汚い罵倒をリズミカルに浴びせ掛けてくれる。ランニング中の声出し曲は癖になる。開放感溢れる美しい景色は、堪らなく戦争とは不釣り合い。太陽光による撮影は綺麗に見える。暗くて大変だったろうな。

ジョーカーとあだ名をつけられた兵隊の物語。運動能力の劣っていた訓練兵の微笑みデブが、狂ってく。「ジョーカーは優しくしてくれてると思ったのに殴られた。教官は射撃の腕を認めてくれた。けど、ジョーカーさえ俺を否定した。」→便器に座ってM14握りしめ→教官「なんだこの糞ミッキーマウスは!!」→ジョーカーの目前でパーン。なのかな。
ミッキーマウス:哀れな、愚かな、無意味な、と言う意味らしい。


後半は箱庭のような戦場。派遣されたジョーカーは、胸にピースマーク、ヘルメットにBorn to Kill。平和の為に殺人が必要、ということか。二重性とか言ってはいたが。途中に少しドキュメンタリー調になるけれど、基本第三者視点で綺麗な映像。
終盤、訓練所同期が狙撃されジョーカーの腕の中で息絶える。狙撃手を探しにアジアンな内装の建物に侵入。AK47を持った現地人の少女が一人いたのを撃った。中盤に女子供でも殺したのかと他人に尋ねたジョーカー。殺せと嘆願する少女。背景に逆さ五芒星。初めて人を撃つジョーカー。
ミッキーマウス・マーチを合唱しながら炎の中歩く。戦争は意味の無い空しいものなのか。

そしてエンドロールはストーンズのPaint it Black。


元気になれる罵倒。字幕翻訳原田氏ブラボー。日本語吹き替えは残念ながら存在しない。ドイツ語迫力あります。イタリア語はなんかかわいい。

狂わせた人材を戦場に輸出。けどずっと戦争してる米国が何言ってもね、戦争は必要なんでしょ。反戦映画と言われるけど、わからん。モノはとらえ様だなと思う。馬鹿な頑固者に何言っても無駄。
[PR]
by 18682012 | 2011-02-28 00:06 | 映画