タグ:ロキノン ( 4 ) タグの人気記事

関係あると思います?まあいつの時代も若もんは!!って言われてきたんでしょう。
しかしここんとこ、時代の流れも、人の劣化も、何もかも加速してると私は思います。

3行でよろしくな長さになったので
・ここは日本
・インターネットにどっぷり注意
・大家族最高

小学生時代にはPCでメールやチャットやできるようになっていた世代なのでいまいちピンとこないのですが、WEBの影響なんでしょうか。よく言うと、きっぱりと言うようになった。はっきり言ってしまうと、オブラートどころかポリプロピレンに包んで相手の様子をうかがい発言していたのに、わがまま放大わめくようになった、だろうか。ブログなんかは言いっ放しで自分の正義感に突っ走って自己満に浸れるツールですよね。同じような思想の人ばかりあつまったコミュニティもそのような場になるかもしれません。Twitterは大物といいますか、自分とはかけ離れた人に触れることができるので大きくなった気分になり、自分の足元がお留守になりがちです。あの字数で議論は困難でしょうから、わけわからんことになるのは見えてます。ツールにより目的が違うのですから活用の仕方の問題ですが、バカはバカの使い方もハサミの使い方も習得してないんです。

当然のことですが、顔が見えなくても相手がいる。しかし、ついついそのことを忘れがちになってしまう。え?TwitterやFacebook世代はそんなことわかってるしーって?なんと表現したらいいのか、日本は欧米などの諸外国に比べ、ずいぶんとリアルとWebを隔てる壁が厚い。実名に拒否感がある方が多いように見受けませんか。表情やしぐさや細かなニュアンスが読み取れないから、やけに沢山顔文字をこさえたり、敬遠しがちになったり・・・するのかどうかは知らない。単に私が意思疎通下手なのかもしれないけれど、知人と面と向かってこんなテンションで対話できないです。

唐突ですが、よその国に行ったとき、現地人に「そんなんじゃ、あなたの人生どうなるの?」と言われた。「ぐぬぬ、日本ではそうやって周りに目を配ってても生きていけるんです。」のように答えたような。「自分」にしか考えが及ばないのは幼い。KYなどと言う語が流行語に選出されるくらい、周りを見ていないと適合できない。KYっていうやつがKYで俺様まるだしなのは笑うとこ。

そんなこんなで、園児は自分の今だけしか見えない。小学生はきっと自分のさっきも見えてる。中学生は自分の未来とか親とか見えてる。と、視野は広がっていき、年老いたら縮小するんでしょう。そのはずが、いつまでも俺のため?まるで小学生じゃないか。

Webは実にお手軽かつ身近なものになった現代では、ついついついつい不特定多数に開かれていることを忘れてしまいます。それから、顔が見えないので、ついつい誰しも若くありたいと思うのか、乱暴で幼い言葉遣いになりがちな気がします。なにを言う糞ガキ!と思われるかもしれませんが。自分より年上を演じるのは困難ですが、ぼろがでようとも誰しも小学生中学生を経て大きくなってるわけです。だから、なりきりは年下のほうが簡単です。それが余計に若年齢化に拍車をかけてしまうんでしょう。加えて、リアルタイムに他人と疑似会話を交わすことにより存在意義を見つけ、安堵してしまう。すると、社会に進出できずにもまれることなく、幼いままになってしまうんだろうか。義務教育課程やその前の保育にも問題がおおいにあるでしょうけど、その後の現代人を取り巻いている環境自体が脇目も振らず走らせてしまっていると思います。考えることなく、ひとつひとつを大切にすることなく、精神がバカになっている原因を作ってるように感じます。中学まではまともだった、まともだったのに!欧米に習えばっかじゃわけわからんことになるでしょう。躾のためにも文化のためにも円満や安泰のためにも大家族復活推奨。とは言っても、仕事の都合等でそうはなかなかいかないですよね。祖父母との交流が激減し、年齢を重ねる実感も減ってしまったんでしょうね。気づいたら、あらふぉーでしたとなる。

ただでさえ、モニター越しの文字では相手の感情を読み取りにくい。砕けた口調の書き込みでも年配の方かもしれない、男前な口調でも女性が書き込んでるのかもしれない。年恰好も表情も仕草もわからないのに心理を読むのは困難。さらにこれから男女混合・男女を同一視するような教育を受けてきた層が混ざりネカマ・ネナベ氾濫で混沌とするだろう。あれ、その人たちの価値観では混沌ではなく男女がおんなじで当然だから疑問をもたないのかな。


FREEDOMEEEEEEEEEEEE8DDDDDDDDDDDDDD
帰国子女、増えたよな。英語の発音はカタカナちっくでも、通じれば構わないと思う。許せない方は英国風のがしゃべりやすそうには思う。つづりも適当だったり、難しく考えるな!そんなことより野きゅ・・・日本語学ぼうぜ!
[PR]
by 18682012 | 2011-06-06 03:41 | 雑記
ドット写真家とネオ漫画家によるMONOBRIGHTの新ビジュアル完成
a0160773_11483299.jpg

ROCKIN'ON JAPANでインタビューをみかけうひょーすげージャケットと思わず凝視してしまった。
ACME=アクメ=絶頂。淫とな。このフォントはやりかな?
金文体もあちこちで見るな。ポスターとか、観光ビラとか、まどか☆マギカのサブタイトルとか。Aの横棒がやけに上のほっそりしたおしゃれ字体。読みやすいとは思わないんだけど、お土産の包装とかでも見る。
[PR]
by 18682012 | 2011-05-07 07:41 | 音楽
Say CHEEEEESE!勝利のVサインではないのです。バルタン星人です。嘘です。ピース(Peace)、つまり「平和」を意味するサインです。私の周りの人の多くが、カメラを向けるとピースサインを手で作ります。残りの多くは、カメラを避けます。私が避けられてるだけですかね。勝利のVictoryサインをしている勝者を撮影した写真が広まったようです。結局、テレビ、マスコミのおかげです。Vサインしている勝者は格好いい。わたしだって見栄え良く映りたいんです!

【引きこもりサンリオ新キャラ「メル」がついに登場】
卵に引きこもりに虹色におフランス。Melle?めるしー?それともメルヘンのメル?メルヘンなヒルズに引きこもってるだなんて、なんという上流NEET。引きこもりという設定なのはどういった意図なのでしょう。夢を与えるべきキャラクターがそれでは、よろしくないのではと思ってしまいます。キャラクターがFacebookにTwitterて、園児や小学生対象にやることなんでしょうか。現代っ子は私の理解を超えています。




"The war of the rainbow color" is the war the whole world knows and the whole world participate in. (「虹色の戦争」とは世界中が知っていて世界中が参加している戦争である)
"The war of human vs. living things except human" is the war the whole world "does not feel" even though the whole world "knows"(「人間と人間以外の生物の戦争」とは世界中が「知っている」のに世界中が「感じない」戦争である)
―――――――――――――――――――――――――「虹色の戦争」/世界の終り――――――

虹色の戦争、虹色のNO WAR、大西洋側の地球儀は日本人にとってはなんだか見慣れませんね。
虹が空にかかっているときは一番外が赤で、内に紫があり、緑はあまり私には印象ないです。このジャケットでは緑で挟んで、赤道が真っ赤に暑いイメージでしょうか。

日本だと虹は7色、時代によってもっと少ないという解釈もあったようですが。米国だと6色、イスラム圏だと2色とか、他にも虹は虹色だから数なんて答えられんとか、一体何をさしているのでしょう。生物多様性。

人生バラ色のバラって、何色なんでしょう。赤なイメージが私の中ではあるのですが、白も黄色もいいですね。バラと言えば大英帝国様様なイメージなのでしょうか。フランス、ブルガリア、ポルトガル、ルーマニア、ルクセンブルグ、モロッコ、サウジアラビア、イラクと多くの国が国花にしているんですね。魔性の花。
[PR]
by 18682012 | 2011-01-29 03:04 | 音楽
というタイトルの軟派な店員と男色な店長とうんぬんの青い春な映画が少し前にございましたね。


ごいすてええええええええええええええええええええええええええというと怒られるのでしょうか。
せんそうはんたいツアー。世界の終りきても。

世界平和/世界の終わり

ミッシェルガンエレファントの世界の終わり?いいえ、バンド名です。押されてるのでしょうか、スペシャにCCれもんほーる。虹色の戦争も聞いてくださいね。反戦歌・・・軽めの歌声でしょうか、いや、全然違いますけど、なくなぜかなんとRADWIMPSの祈跡を思い出しました。

世界は平和島/進行方向別通行区分

ちょっと貼りたかっただけです。ベースが気持ちいい。ごろが良くてなんとなく頭に入る。もう少しフラットにして、女声ボーカルを導入したのが相対性理論。流行ってますか。


売りだされてる人たちでなくても、素敵な詞を書くこと。生まれてから小中高と受け素晴らしい教育を受け、着々と世界観を広める芸術家様様。壮大な話をしようとすると地球規模、宇宙規模になる。なんだ最後はブラックホールにのまれるのか。ビッグバンか。世界の終りか。

政治わからないんですあははーまずいですよねこんなやつが投票できる国なんてへへ~
不味いと分かっているなら改めるべきです。けれども、民主主義とは、字のごとく愚民隷民が自ら沼にずぶずぶ入って行ってくれる便利な道筋なのでしょう。エリート様はやっぱりエリート様です。馬鹿には論理的思考力がありません。向上心のない奴は馬鹿だなどと言ってられた時代はそう遠くないはずなのに、なんという体たらくでしょう。人に冷たく厳しく、自分に生温かくやさしく。

吾輩は仮面うつ病である。いいえ、あなたは鬱仮面病です!と言われると抜けだしたくなるでしょう。呼び名って大切ですね。自分にいきなり厳しくするのは、不可能だと私は考えます。急激に圧力を受けると、耐えられるわけ有りません。話すようにしましょう、友人には友人、家族には家族の付き合いをしましょう。表情の見える相手と対話することは大切です。1から100まで説明すると、面倒くさがられるかもしれませんが、それは家族にはできるべきものなはずです。なんてあやふやな文末。記事の頭と尾部でまったく話が違いますが、そんなもんだろう。
[PR]
by 18682012 | 2011-01-22 00:14 | 音楽