タグ:伝統破壊 ( 2 ) タグの人気記事

外国人花嫁の死が物語る韓国の病理
For Better or Worse: Foreign Brides in South Korea

ベトナム人妻殺害事件は野放しの国際結婚ビジネスと、
韓国にはびこる「単一文化」信仰の表れだ

2011年06月07日(火)17時51分
スティーブン・ボロビッツ

 5月24日、韓国東南部で農業を営む37歳の男性が、23歳のベトナム人妻を刺殺する事件が起きた。殺された妻の隣で眠っているのは、夫婦の間に生まれたばかりの生後19日の赤ん坊。男性は国際結婚を斡旋するブローカーの紹介で、この女性と結婚していた。

 国際結婚家庭の悲劇は、これが初めてではない。昨年も、結婚のわずか1週間後に夫がベトナム人妻を殺害する事件があった。08年には、韓国人の夫と義母に苛められたベトナム人女性がアパートから飛び降りて自殺した。

 繰り返される惨劇は、急速に変わりつつある人口分布と国際結婚をめぐる障壁から目を背け続ける韓国社会の病根を照らし出している。利益追求に走る結婚斡旋業者に対する監督体制は不十分で、関係省庁の足並みも揃っていない。

 いや、もしかしたら当局は、あえて現状を放置しているのかもしれない。移民の受け入れに消極的で、同質文化のアイデンティティを守る志向が強いことで知られる韓国社会において、外国人花嫁は見て見ぬふりをすべき存在なのだ。

 だが現実に、外国人花嫁は増え続けている。地下鉄の車内には美容整形や英語学校の広告に混じって、近隣諸国出身の心優しい女性と簡単に結婚できると謳った斡旋業者のチラシが並んでいる。


男性の精神疾患を女性側に伝えなかった斡旋業者

 ベトナム出身のグエン・ゴク・カムが韓国人男性と結婚したのは13年前のこと。「最初は大変だった。韓国語はまったく話せないし、韓国文化にも馴染めなかった」と、35歳の彼女は言う。当局の支援はまったくなく、「自力でやるしかなかった。時間をかけて自信を取り戻した」。

 結局、グエンはソウル近郊の南楊州市に居を定め、建築関連の技術者である夫とのコミュニケーションを取るために韓国語を勉強した。夫婦の間には10歳と12歳の子供がいる。

 韓国保健社会研究院によれば、韓国在住の外国人の数は推定120万人で、そのうち10万人以上が外国人花嫁だという。保健省が2010年3月に行った調査では、外国人花嫁のうちベトナム人女性とフィリピン人女性がそれぞれ19.5%と6.6%を占める。最も多いのは中国系韓国人で30.4%だ(漢民族が27.3%)。

 だが、政府は統計を取るばかりで、彼女たちが韓国社会にスムーズに溶け込むための役割を果たしているとは言いがたい。国際結婚家庭の支援に関与すべき3つの省女性省、教育スポーツ省、保健省)が適切に連携していないことも問題解決を難しくしている(どの省もこの記事の取材依頼に返答を寄こさなかった)。

 斡旋業者による花嫁のサポートも望めない。外国人妻には言語的、文化的なハンディーがあるだけではない。ベトナム人妻を殺害した2人の男性には精神疾患の病歴があったが、女性側にその点が事前に伝えられることはなかった。6月2日に女性省の建物前で行われた追悼式典でデモ隊が掲げたプラカードには、「斡旋業者よ、自分が何をしたかわかっているのか」と書かれていた。

 苦しんでいるのは異国に嫁いだ女性たちだけではない。一般的に、こうした国際結婚家庭は経済的に恵まれておらず、夫婦の間に生まれたハーフの子供たちは純粋な韓国人の子供に比べて学業成績がよくない傾向にある。

 政府の調査によれば、国際結婚家庭の約60%が毎月の世帯収入200万ウォン(約15万円)未満という貧困に近いレベルの暮らしをしている(韓国の平均世帯収入は毎月330万ウォン(約25万円)だ)。

 国際結婚カップルの子供(7〜12歳)の就学率は80・8%。高校進学率になると26・5%で、国の平均を大きく下回るという統計も在る。世界で最も教育水準の高い韓国の教育熱を考えれば、この数字は低すぎる。

 セーブ・ザ・チルドレン韓国のキム・ヒキュンは、外国人が韓国社会に溶け込む努力をするだけではなく、韓国社会が異なる文化の受け入れ方を学ぶ必要もあると語る。


韓国人の「純血」に疑問の声も

「韓国人の子供たちに対する(多文化)教育にもっと力を入れるよう政府に働きかけている」と、キムは言う。「(人種・文化的)マイノリティーだけでなく、マジョリティーの側も教育すべき時期が来ている。なのに、政府はマイノリティーをどう韓国社会に同化させるかにばかり目を奪われ、多様性をいう概念を受け入れようとしない」

 中核にあるのは、韓国社会が「単一文化」でなくなることに対する強い抵抗心だ。「韓国が単一民族・単一文化の国であるという古い概念を捨て、多様化という現実を受け入れなければならない」と、政府の国際イメージ振興機関「国家ブランディング委員会」のリー・チャンボウムは言う。

 自分たちの祖先は太古の時代から朝鮮半島に居住し、外国の侵略や占領、その他の介入に耐えて自分たちの文化を汚れなきまま守り抜いてきた──。韓国人は学校でそう教えられて育ってきた。

 しかし釜山にある東西大学校国際関係学部のブライアン・マイアーズ学部長は、著書『最もきれいな民族』の中でこんなことを述べている。19世紀終わりに日本が侵略して初めて、日本人に対する競争心や植民地政策に対する抵抗という形で韓民族の独特なアイデンティテイーが形成された。また中国と日本の侵略によって、韓民族の血は混じっている、と。

 韓国では現在、異なる文化への寛容性を育てるような政府主導の教育プログラムはない。セーブ・ザ・チルドレンのキムが、政策として実施すべきだと主張する異文化教育だ。

「国際結婚で生まれた子供は大抵の場合、自分が周りと違う存在だとは意識していない。だが、周りからは『違う』と分類される。(例えば韓国人とベトナム人の子供の場合)政府は韓国語の修得のみを促し、ベトナム語の修得は必要ないという立場を取っている。これでは、子供たちがベトナムは韓国より劣っていると考えるようになる」と、キムは言う。「そして彼らはベトナムに関するものすべてが嫌いになってしまう」

教育スポーツ省というように教育とスポーツが同じ重さで見られてることに驚きました。
スポーツ?

女性省なんてあるんですね。欧米ではカナダ、ドイツ、オーストラリア、アジアではタイ、ベトナム、フィリピン、バングラデシュなどにもあるんですね。男性省はどうした。

同質文化のアイデンティティを守る志向が強いにもかかわらず、他国の女性と結婚する男性が多いんですか。一般市民と政府の考えがずれてるってことですか。いや、政府側も足並みがそろってないように見えるだけで、省庁が用意されてるんですから、促進側ですよね。

男性の精神疾患ってなんだったんでしょう。ほかの記事に書いてあるんでしょうか。なんにせよ、韓国に嫁ぎにいって、言語の壁があるって訴えるのはどうかしてると思います。英語で会話しろっていってるのか。お子さんもきっと、韓国語を話すでしょう。

単一文化が悪いわけではなく、理解がないことや、金銭関係がまずいのではないですか。海外での新生活は当然多大なストレスがかかるのはわかっているだろうに、国のせい、体制のせい、業者のせいと押し付けるのはなんでだ。

後半の見出しが要らない。国際結婚ビジネスが問題なんじゃないの。
国際化志向が強い国だと思うけどな、スポーツに力入れたり。
[PR]
by 18682012 | 2011-06-12 23:59 | 時事
[ハーグ (オランダ) 18日 AP] 国際刑事裁判所のエカテリーナ・トレンダフィロヴァ判事は弁護士たちに、次に出廷する際はかつらを外すよう頼んだ。
18日、ハーグの国際刑事裁判所で2007年のケニア大統領選後の暴力事件について予備審問が行われ、何人かの弁護士たちがイギリスの弁護士の伝統的な服装である黒い法服と白い馬の毛のかつらの出で立ちで現れた。トレンダフィロヴァ判事は予備審問の終わりにひと息おいて、服装について審判を下した。「これは当機関の服装規定ではありません」と、彼女は述べた。「このようなかなり暖かい気候では、おそらくかつら無しのほうが適切でしょう」と、彼女はほほえみながらつけ加えた。国際刑事裁判所に弁護士がかつらを着用して現れるのは珍しいことだが、これまでに無かったわけではない。4月8日、ケニア人容疑者3名がはじめて出廷した際は少なくとも3人の弁護士がかつらをつけていた。このときトレンダフィロヴァ判事は服装について何も言わなかった。月曜日にかつらを着用していた弁護士のひとりスティーブン・ケイは、国際刑事裁判所に登録する際、オランダ風の服装かイギリス風の服装かの選択肢を与えられたと語っている。ケイは、「国際刑事裁判所ではカツラは無しという規則があるとは知りませんでした」とAP通信にメールで述べた。
 国際刑事裁判所の広報担当官ファディ・エル・アドバラーは、かつらに関して特定の規則は存在しておらず、それぞれが「和をもって」法廷を運営してほしいと述べた。アドバラーは、かつらが義務ではないことから、トレンドフィロヴァ判事は全員がかつらをつけないほうが良いと考えたのでしょう、とつけ加えた。月曜日に出廷した別のイギリス人弁護士デビッド・フーパーは、かつらを着用していなかった。2006年、セルビアの国家主義者ヴォイスラヴ・シェシェリは、ユーゴスラビアの戦犯法廷で自らを弁護することを希望し、かつらをつけたフーパーが自分の弁護人を務めることを拒否した。シェシェリはフーパーのかつらに言及し、「この鳥の巣を頭にのせた男性は誤って私に紹介された。彼は私の弁護人にはならない」と法廷で述べた。

義務じゃないから外せっておかしくないか。音楽家みたいなカツラに真っ黒の・・・ジェダイみたいな上着ですか。場の空気を読んで和服着るな洋服着ろ。いや文明開化時は洋服がおしゃれさんでしたでしょうが、この場合納得がいきません。正装に部外者が文句をつけたのはなぜ。
[PR]
by 18682012 | 2011-05-08 08:26 | 時事