「いませんでした」「いませんでした」
僕は何を思えばいいんだろう 僕は何て言えばいいんだろう
こんな夜は 逢いたくて 逢いたくて 逢いたくて
君に逢いたくて 君に逢いたくて
また明日を待ってる

『JAM / The Yellow Monkey』


日本人いなかったから問い合わせ殺到とかやめてね、電話回線パンクさせないでね!ということ。災害時にぴんぴろぴんぴろ余所から電話掛けまくるでないよ。電子メールって画期的。声が聞きたいよって方は171へ。

地震のニュースを受け、地球の裏側からすぐに安否を問う電子メールが届いた。なんという情報科社会。ぱっと思い付いて心配して下さるお心遣い痛み入る。

一方、宮城県民と連絡が取れない。光回線なんて切れちゃ使い物にならない。携帯だって災害時は圏外になる。情報なんて軽く分断されてしまうなとしみじみ感じた。繋がりませんか404を返してりゃ「仕方がないね」と諦めさせられる。

こういう時頼りになるのはNHK。民放は慌てふためき、こぞって東京23区をとりあげる。マスコミも政治家も居て欲しい職ではあるんだよな。
テレビが私の家にはないが、こんなとき津波警報を知るには必要かもしれない。とは言え、近所に関してはラジオと町内放送で事足る。カメラに収められてない地域にも被害は出てるだろう。にも関わらずテレビはハリウッド映画のワンシーンのような、画になる映像を使いまわしている。車や家が流れて行く様には戦慄しますが、もっと引いて!全体映して!と思ってしまうのは贅沢だな。

原爆を撃ち込まずとも、原発があればそこを壊せば被害は甚大である。電力供給も滞る。核兵器ばかり廃絶を叫ばれ、貧者の核と呼ばれる生物兵器をスルーしていることを疑問に思う。

災害対策費を母子加算復活に使ってしまったので、激甚災害認定ができない。子ども手当てや高校無償化に財源割くからだよ。どっから金をだす。

政府は青シャツ姿。ホワイトカラー辞めましたってか。宮城県知事が自衛隊出身なおかげなのか、恐ろしく陸自の到着が早かった。働き通しの方々、お疲れ様です。被害が最小限に留まる事を願う。

広範囲で大きな余震が続いている。日本ではいつ地震が来てもおかしくないので、誰しも要注意です。保存食と水、まだまだ寒いので上着をお近くに。
[PR]
by 18682012 | 2011-03-12 13:33 | 音楽