(環境改変技術敵対的使用禁止条約)
1976年12月10日国連総会にて採択
1978年10月5日発効
1982年6月9日に日本公布、発効

敵対的ってなんだろう。平和目的では技術を使用して良いそうだ。机上の空論では使えないし、研究過程の損害はどうなるんだ。電磁波などのエネルギーを扱えるまで、環境操作などできなかっただろう。慣習に基づくなら、使用自体だめなのではないか。「私の所の農業守るために雨を降らすわ」というのは、気象だけでなく経済産業的にも余所に影響する。地球はひとつとか言ってる癖に、地球の裏側で気象を故意に変えたとこであなたたちに影響はありませんとうそぶくのか。

花粉大散布の杉植林も、砂漠化放置の汚染砂野放しも敵対的じゃないもん。環境改変技術も敵対的も曖昧。こんなもんを1976年に腰の重い国連が採択してる。影響がはかり知れず急いだのかもしれないが、今の技術が心配。

自然を意のままに操ろうという思想があることを忘れてはいけない。日本には神様が沢山いて台風も天災と呼ぶ。一神教とは壁がある。条約と慣習にしたがう国際法は、現代社会の構造を作った人たちの意のままだな。

人類による地球環境改変と言えば、温暖化。温室効果があると言われる二酸化炭素はえらく叩かれて、排出権とか言うわけわからん錬金術に使われようとしている。故意に敵対的にガスを排出した訳でないから、どの国も仕方がないね。ではこれから排出を減らそうかではなく、減らせない国はお金で買って良いよ、という発想が理解できない。そもそも二酸化炭素は元から自然界に存在する。植物の光合成に必須であり、高濃度の方が成長が促進される。なので、陸の多い北半球が夏の時期に濃度が低くなる。産業~大気~海洋と地球では健全に循環している物質である。酸素を消費しないため、原発はクリーンなエネルギーと呼ばれる。しかし、大量の放射性廃棄物を出す。放射線による遺伝子異常は動植物に多大な影響を与える。二酸化炭素とどちらがクリーンか。今後エネルギーは石油に傾くのか。

環境改変技術が確立されているなら、元に戻すよう使えるのだろうか。温暖化なら寒冷化目指して、海洋上で雲を増やしてアルベド上げて。なんて、蒸発量減って陸の雨が減ったら困るし、誰もコストを負いたくないし、うまく行かないだろうから、絶妙に回ってるままにすべきだな。地球に優しく!もの擬人化という概念がすでに欧米なのか、物体を主語にして動詞をくっつけちゃうの、英文法習ったときその物事のとらえ方、理解できましたか。私は日本人と接し方が違うことひしひしと感じました。なんだろ、その、管理できると考えてるのがおこがましいといいますか、君が悪いなあと。弱肉強食、ほっといたって滅びますよいつか人類も地球も。経済的負担にならないよう節約はいいと思いますが、どうもeco=エコロジー=生態系という語が異様に強調され各会社が競って利益発展より省エネ省エネ省エネというのは私の眼には奇怪に映ります。まとまってなくてすみません。よーくかんがえよー。
[PR]
by 18682012 | 2011-03-16 22:58 | 雑記
人権擁護法案はまだ提出されておりません。以下こぴぺで失礼いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
* 国会法改正
 (憲法違反の法案を審査なしで速提出可)
* 労働者派遣事法改正
 (日本人労働者はもうやとってもらえない。派遣は即首切り。企業も潰れるか大手は海外流出)
* 国会議員の選挙等の執行経費基準改正
 (国籍不問のアルバイトが投開票。韓国人中国人が投開票。)
* 地球温暖化対策基本法案
 (2020年までに25%、2050年までに80%削減。経済壊滅。排出権額は高騰して日本は破綻。)
* 放送法等の一部を改正する法律案
 (民主党法務大臣の意のままに報道を操れる)
* 地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律案
* 展覧会における美術品損害の補償に関する法律案
 (億単位で盗まれた美術品の政府補填。美術館は損しないので犯人とグルまたは自作自演で大儲け。
  税金は億単位で犯罪組織に流れる。)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
以上コピペ

尖閣!尖閣!尖閣衝突ビデオがどなたかの手により流されました。なんという情報の管理のなってなさだろうか。むしろあちこちに見せ、漏れてなかったのが不思議なくらいなのでしょうか。そして、なぜ今なのか、またビデオその7はいつ流れるのでしょうか。ところで、公安部外事3課が作成したとみられるテロ捜査資料流出の件は一体どうなったんでしょう。

日本の謎の技術を駆使しようとも、二酸化炭素25%削減は無理です。二酸化炭素より家畜のメタン何とかしろよ。みんな海に出て魚を食え。適当なこといっていると怒られますね。これはまた別の話ですが、海面の高さは、何やら気圧に依る影響を考慮するためややこしい計算をNASAさんで済ませたデータを用いて、渦等による海面の高さの変化を各国研究者が推測するそうです。だからなんだってのか、少し前のクライメート事件(気候研究ユニット・メール流出事件)といい、IPCCは信用たるものなのか疑問に思ってしまいます。氷床コア研究なさってる方がおっしゃってました「正直現状では±もあり、南極の氷が減っている増えているとはっきり言えないと私は思う。」しかし、近年、北海道網走に着岸する流氷は減っています。これはアリューシャン低気圧の働きでレジームシフトがうんぬんで数十年周期で変わるそうです。温暖化、してますか。気候現象はいろいろ変化してると思います。雪も減ったと多くの人が言います。暑くなったら雪は減るのでしょうか。今年の冬は寒そうです。ラ・ニーニャの年は日本では夏暑く冬寒く物売れてうはうは。

もしも地球が温暖化すると →海面水温上昇 →海水蒸発 →雲 →雨、雪 →南極の氷分厚く
なんてシナリオもあります。

脈略がない文章で申し訳ないです、考えることはたくさんあります。
[PR]
by 18682012 | 2010-11-06 22:28 | 時事
【世界のリスク】ユーラシア・グループ
1. 米中関係 US-China Relations
2. イラン Iran
3. 欧州の財政政策不一致 European fiscal divergence
4. 米国の金融規制US financial regulation
5. 日本 Japan
6. 気候変動 Climate change
7. ブラジル Brazil
8. インド=パキスタン関係 India-Pakistan
9. 東欧の選挙、失業Eastern Europe, elections & unemployment
10. トルコ Turkey

前の記事の続き、長くなったのでちょんぎりました。

Climate change、日本的に言っちゃうと地球温暖化ですね。いつからかグローバルウォーミング、とかグリーンハウスガスとかから気候変動にやんわり言いかえられだしてます。
アル・ゴア元米国副大統領の「不都合な真実」で実しやかに書かれていた、人類活動による二酸化炭素排出量増加に伴う地球温暖化。彼、こないだCO2温暖化原因説を後退しました。といっても、二酸化炭素が原因と言いきれないといっただけで、「メタンや黒鉛、煤煙とかって別の温暖化要因のほうが大きいからそれらみ含めてより包括的に対策しなきゃならない。二酸化炭素削減も無駄では無い、それに加えて戦域を拡大しよう」と言ってるそうです。 無駄ではないって何だ。化石燃料を大切にするというのには大賛成です。ですが日本政府環境省が

1990年比温室効果ガス25%削減のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」が始動!
ってのはどういう了見で?

////// 以下コピペ //////
チャレンジ25キャンペーンのスタートについて
鳩山総理大臣は、地球と日本の環境を守り、未来の子どもたちに引き継いでいくための行動を、「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員して、国民の皆様と一緒に、進めていくことを表明されました。これを受けて、「チャレンジ25キャンペーン」を開始します。
////// 以上コピペ ////////


1990年比25%CO2削減ってどんな生活になるかわかります?私は想像できません。二酸化炭素排出量と生活水準の高さを各国プロットしてみると比例関係にあることは秘密。日本はなんだかんだ低めです。気合入ってるね。政治資金問題をあーだこーだ言ってる裏ではこんな謎な国民運動が始動しやがってるんです。国民が知らないのに国民の皆様と一緒にとか、まさかとは思いますが、この「国民」とは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか。もしそうだとすれば…失礼しました。

25%の根拠は?CO2増加は本当に人間活動のせいなの?とか色々言いたいことはある、けどそれよりも政治資金問題を取り上げてるのは外国人参政権および外国人住民基本法、そしてこのキャンペーンといったもっと国民の生活に多大な影響を与える情報を隠してしまうためと思われるメディアの姿勢とはいかがなものか。

温暖化詐欺
英国にある有名な気候研究センターの電子メールサーバーにハッキングによる電子メール漏洩
英国BBCで放送された、Martin Durkin監督の「The Great Global Warming Swindle」
地球はミニ氷河期に突入した。と発表(ドイツ研究所

けど、極域の氷融けてんじゃん!
太陽活動と海流のせいだろうかとか私は考えたんですけど、どうなんでしょう。海流は早くて2000年?で地球をぐるっとまわるそうなのでタイムラグなりなんなり大きいでしょうね。また、降雪量は風やら温度やら影響しますし、もっと勉強しないと私どもには原因はわからんです。極域の氷はここ数年、分厚くなってるそうです。グラフや数字に惑わされないでください。元々のデータだって「±」ついた曖昧なもんです。

ところで、北朝鮮やらイラク、アフガニスタンが上がってませんよね?経済ということもありますが、世界的に見て脅威ではないというわけではないでしょうか。日本は煽動されすぎ。トルコに行ってみたいです。
自然科学分野が環境に取り込まれ政治に取り込まれ錬金術に使われるのは納得がいかない。ましてや、儲けるために科学を愚弄することなど決して認可してはならない。

情報鎖国中ですか。中国の検閲笑ってる場合ですか。信じられませんか?
話したら、世界は広い、頭空っぽにしよ?って言われました。そんなことしてる暇はない、ことは一刻を争う。
[PR]
by 18682012 | 2010-01-20 01:12 | 雑記