タグ:男女共同参画社会 ( 2 ) タグの人気記事

男女共同参画社会で女性からも税金を取るよ!
さて、働けるようにもなったし女性も強くなくちゃね、戦おうか!だってさ。
米海軍で潜水艦乗船女性禁止規則見直したり、なんでそんな面倒増やすようなことするの。
女性兵士、男性と同等の「戦闘ストレス耐性」=米調査
 [ニューヨーク 8日 ロイター]

 女性兵士は男性兵士と同等に戦闘によるストレスに耐えられることが、イラクとアフガニスタンで任務についた退役軍人を対象にした調査で明らかになった。

 学術誌「ジャーナル・オブ・アブノーマル・サイコロジー」に発表された同調査では、女性は男性よりも戦闘による心的外傷を受けやすいとする定説に反し、女性兵士が受けた戦闘によるストレスや戦闘派遣後の心の問題は、男性兵士と同程度だったことが示されたという。

 研究の主執筆者で、米国立心的外傷後ストレス障害(PTSD)センターの退役軍人担当部門に所属するドーン・ボート氏は、今回の調査結果を踏まえ、「さらに現代の戦闘における予想不可能なゲリラ戦術を考慮すると、女性兵士を地上戦から外す意義は薄れている」との見解を示した。

 ボート氏は調査結果について、女性兵士が男性兵士と同様の訓練を受けていることが女性兵士の「ストレス耐性」を裏付けている可能性があるとの見方を示したほか、戦闘そのものが兵士にとって等しく危険であり、性別を超えた部分での影響が性別による違いを上回っている可能性があるとの考えを示した。

 ボート氏率いる研究チームは、国防総省の調査データ595人分を分析。このうち女性は340人で、平均年齢は男性よりも約3歳若く、男性と比べて人種・民族的に少数派が多かった。

 戦闘によるストレスは、敵からの攻撃や武器の使用、戦死者の目撃、身の安全に対する不安、禁欲的な生活などから測定した。

 男性兵士は女性と比べて戦闘への参加や、困難な生活を余儀なくされる機会が多かったものの、結果に影響を与えるほどではなかったという。また男性兵士は女性兵士と比べ、薬物を乱用する傾向が若干強かった。
ストレスを感じる部分が違うだろうな。グロ耐性は女性のほうが強い傾向があるとか聞くけど、どうなんだろう。

たとえストレス耐性あろうと、男性より非力で体力的に劣る。かつ、女性用に設備や用具を整える必要が出てくる。また、不必要な葛藤を生むこともあるだろう。戦地に赴かせる価値があるのだろうか。子供が戦うくらいなら、って?

参戦した女性がどのような境遇なのか知らないけれど、その時点でバイアスがかかってしまうのでは。

そもそも地上戦の兵士が主に男性である理由は、女性よりストレス耐性があるからだけではないだろう。
[PR]
by 18682012 | 2011-06-11 08:02 | 時事


対テロ戦争についてだけでなく、女性の社会進出「ウーマンリブ」について、税金を残り半数から巻き上げるシステムと証言。おまけに家族制度も崩壊します。必見です。
[PR]
by 18682012 | 2010-03-29 02:37 | 動画