「非倫理的かつ非人道的」?
ありがたく、かみしめて、おいしく食べてやるのが礼儀ってもんだ。
「動物の宗教的な食肉処理」禁じる法案、オランダ下院が可決
[アムステルダム 28日 ロイター]

 オランダ下院(第2院)が28日、儀式的な動物の食肉処理を禁じる法案を116対30の賛成多数で可決した。法制化には上院(第1院)での可決が必要となるが、宗教の自由が侵害されるとしてイスラム教徒やユダヤ教徒の反発が強まっている。

 同法案は、動物愛護を掲げて国会での議席を獲得した欧州で最初の党となる動物愛護党が提出。法案では、家畜を食肉処理する前に失神させることを義務付けており、意識のある家畜を処理するイスラム教やユダヤ教の規定に反する内容となっている。

 動物愛護党の党首は採決前の演説で「(意識のある家畜の処理は)動物に不必要な痛みを与える。宗教の自由は無制限というわけにはいかない」とし、「宗教の自由とは、人間や動物に痛みを与える時点で制限されるもの」と主張した。

 一方、オランダのイスラム教とユダヤ教のコミュニティーは同法案について、宗教の自由を侵害するとしてそろって反対している。

 オランダのユダヤ教宗教指導者はロイターに対し、「第二次世界大戦を経験した人は、当時ドイツ人がオランダで最初に制定した法律が、ユダヤ教の規定に沿った動物の食肉処理を禁じたものだったことを覚えている」とし、ユダヤ人コミュニティーにとって法案はつらい内容であると発言。ロッテルダム・イスラム大学のUca Octay氏は「ハラール(イスラム教の規定にのっとった食物)の肉を近隣の国から輸入するか、別の方法を考えなければならない」と述べた。

 人口約1600万人のオランダには、約100万人のイスラム教徒と、約4万人のユダヤ教徒がいる。

 オランダの統計によると、同国では年間5億の家畜が食肉処理されており、このうちイスラム教やユダヤ教の規定に則って処理される数は120万という。

 欧州連合(EU)の規定では、処理前に家畜を失神させるよう求めているが、儀式的な食肉処理については欧州人権裁判所が宗教の自由を保護する判断を下し、例外が認められている。

 EUでは、ルクセンブルク、ノルウェー、スウェーデン、スイスの各国が儀式的な食肉処理を禁止しており、スイスの動物愛護団体と極右政治家は「ハラール」と「コーシャー」(それぞれイスラム教、ユダヤ教の規定にのっとった食物)の肉の輸入禁止を求めている。

EUくっついちゃってるなほんと。巨大共同体なんて意外と簡単にできるね!けど東アジアではそうはさせないぜ!と言いたい。でも、なんかこのままだと日本自治区になりそうですね。

さすが欧州すすんでる。動物愛護を掲げたら議席がとれるんだな。
食に関する価値観は日本にはなかなか浸透しそうにないね。

線引きが本当にわからん、植物はよい、って考えが結構多いよね。うろこのないものは不浄とかも、軟体動物食べるの好きな私はもったいなく思ってしまう。自発的に動く生物はかわいそうなのか、血が出たらかわいそうなのか、血が赤いから駄目なのか。
旧約聖書 レビ記 第7章26節
「またあなたがたは、すべてその住む所で、鳥にせよ、獣にせよ、すべてその血を食べてはならない。」

第11章1節にもっと細かく書かれています。牛の喉を裂き、じっくりしっかり血液を抜くそうです。こったら処理したらおいしくなくなっちゃうんだろうけど。喉を裂いた後も牛は意識があって、苦しさと恐怖でわなないてるそうです。アメリカではコーシャー承認がついていると安心だ、と自然食として人気があるとかききましたけど、どうなんでしょ。

難しいことはわからんけど。食肉にされる際、動物がどのくらい苦痛を感じるかなんてわかり得ない。だから、失神させればよいというのもエゴエゴしい考えだと思う。植物は切ったって折ったって構わないのか。動物を必要以上に守ろうとするのもまた、人間ではなく神になったつもりの新興宗教ではないか。トラに捕食されるのもかわいそうとか言い出すのか。自然の摂理に反する地球愛宗教。

必要以上に無意味に痛めつけているのなら、非人道的行為だと顰蹙を買うかもしれない。けれど、意味のある行為である。宗教者は宗教にのっとって、最大限感謝して口にし、自分の血肉と化すべき。


[メモ]
wikipedia 肉食
[PR]
by 18682012 | 2011-06-30 01:27 | 時事
COVER WHITE 男が女を歌うときのジャケットの雄記号が下を向いてるのがどうも気持ちが悪かったので、これってどっから来てるんだろうとグーグル検索いたしました。15世紀ごろから使われてる惑星記号が元らしいです。あーセーラームーンでみたことあるなー。

♀:金星。愛、豊饒、美の女神ビーナス(ローマ)、アフロディーテ(ギリシャ)、フレイヤ(北欧)→フライデーです。手鏡が元だそうです。私、きれい?鏡よ鏡よ鏡さんを思い出す。銅をつかさどる・・・けど硫酸もくもく惑星だからな。

♂:火星。軍神マーズ(ローマ)、アレス(ギリシャ)、チュール(北欧)→チューズディですね。槍と楯がモチーフ。天文学でも占星術でも使われるそうです。鉄をつかさどる。赤く見えるのは酸化鉄のせいだそうで、昔の人すごいわ。記号をひっくり返さないでくれ、チューリップみたいに見えるから。すごく戦意喪失にも見える。

グスターヴ・ホルスト氏の組曲『惑星』だと火星が個人的に一番好きだ。全能の木星が有名ですね。
火星、戦争をもたらす者。金星、平和をもたらす者。木星、快楽をもたらす者。



ところで、白と赤なんだよね、ひとつ前の記事のアルバム。男女を対にするときは「」か「と黒」な気がする。トイレのマーク的に・・・白のほうがおしゃれだけど。赤のジャケはどぎつすぎないかい。空色と桜色がよかったなあ。なんてデザイナーさんに偉そうな口聞けませんけど。
[PR]
by 18682012 | 2011-05-16 12:25 | 音楽
武光誠 角川ソフィア文庫

三大のキリスト教・イスラム教・仏教に、ユダヤ教・道教・ヒンドゥー教・神道の四つを加えて七大です。私の重たい頭にはいっぺんに入りきりませんでした。いやしかし、こんなに各宗教の世界観とは違うんです。でも発生はどれも、縛られたいからだと私は思います。タイトなジーンズに捩込む感、だだっぴろく野放しにされたら放心しそうです。自由には責任が伴ってしまいます。困ったときの神頼み。

多くの日本人が自分の宗教を意識するのは、葬儀の際くらいでしょうか。年末年始などクリスマスに騒ぎ、除夜の鐘をきいて初詣に行く混線っぷり。

しかし敬虔な信徒さんだっていらっしゃいます。浄不浄の観念は難しいです。食べ物に制限がある方を見ていると、余所へ行くと何かと大変なように見受けます。だがしかし、信じるものがあると言うのはすごく心強い事だと思います。

【引用】
『困ったときに、じぶんにない大きな力を持ったものが、力添えしてくれる。(中略)各宗教で崇拝の対象となった存在は、「父」にも「母」にもたとえられてきた。』
父、母と言われてもぴんとこない私は学校とお塾で野放しに育てられた現代っ子な気がします。家を出ても洗濯機はあるし、コンビニもある、奨学金だって給付される。そしていつの間にか社会人。共働きだとそんなものになってしまうんでしょうかね。我ながら実に淋しい人間性をしてると思います。ありきたりな言葉ですが、こんなに大きくなるまで育てて下さっただけで、偉大な親です。帰省くらいしようと最近ようやっと気づけた親不孝者です。帰ったら嫌になるのでしょうけど、肉親ですもの。

父母は絶対なんでしょうか。幼児はそうでしょうけど。自分の頭を回さず一事象の例えで、盲信するのは愚かです。原点に戻って教えの意味由来を考え、その前後の脈略を見る必要があるでしょう。「君達は馬鹿だ」と良く言われました。馬鹿だから、解らなかったり気づけなかったりしますが、全能ではないから勉強して考え続けてるんです。

K曰く、「精神的に向上心の無いやつは馬鹿だ。」人が脈々と育んできた宗教は英知の結晶でしょう。学んでおいて絶対に損はないはずです。

その前に、私の文章は脈絡がなさすぎます。なので、言いたい要点をまとめて並べられるよう励みます。
[PR]
by 18682012 | 2011-02-16 02:36 | 読書
THE MESSAGE OF THE GEORGIA GUIDESTONES
1. Maintain humanity under 500,000,000 in perpetual balance with nature.
2. Guide reproduction wisely - improving fitness and diversity.
3. Unite humanity with a living new language.
4. Rule passion - faith - tradition - and all things with tempered reason.
5. Protect people and nations with fair laws and just courts.
6. Let all nations rule internally resolving external disputes in a world court.
7. Avoid petty laws and useless officials.
8. Balance personal rights with social duties.
9. Prize truth - beauty - love - seeking harmony with the infinite.
10.Be not a cancer on the earth - Leave room for nature - Leave room for nature.

現代の十戒 ~ジョージアの石板オブジェに刻まれた文字~
1. 世界人口は5億以下維持が地球様にとって良い
2. 優生と多様性を向上させて、賢く再生産しよう
3. 単一言語で人類統合しよう
4. 情念・宗教・伝統・鍛えられた理性による物事全てを支配する
5. 世界法律作って世界法廷作って国も人もみんな守ってあげる
6. 世界法廷でどの国も国家間の紛争を内面的に解決しよう
7. ちっこい法も、要らない官職もさようなら
8. 社会義務で自主権を律する
9. 真実・美・愛・無限との調和を探求し続けることを讃えよう
10.地球に巣食う癌になるな、自然にマチを残せ、環境収容量いっぱいにするな

多分だいたいあってる。嘘です間違ってたらご指摘願います。

十戒と言えば…中森明菜さんの曲だと思った人!はたまたモーセの十戒、仏教、儒教の十の戒律。色々ありますね。そんな中、上のは米国ジョージア州の高いとこに8つの言語で掘った石を置いて崇めてる方々が居るものらしいです。推し進めようとしているのはもちろんオブジェ作った人たちです。そしてそんな方々が実権をこの世の中で握ってるようです。現在の世界人口は68億突破。さて、食糧難にそなえるか、ではなく、いかに口減らしをするか、なわけですね。

モーセの十戒 (新共同訳)
1. あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない
2. あなたはいかなる像も造ってはならない
3. あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない
4. 安息日を心に留め、これを聖別せよ
5. あなたの父母を敬え
6. 殺してはならない
7. 姦淫してはならない
8. 盗んではならない
9. 隣人に関して偽証してはならない
10.隣人のものを一切欲してはならない

旧約聖書の出エジプト記より。あれもだめだめこれもだめだめ。1、2偶像崇拝禁止、一神教の出どころです。のちのちそれが迫害の理由に…と言われますが、西欧は基本的に聖書が宗教の根っこにあるのでそのせいじゃないんではと思うんですけどね。宗教殺人とか、色々あったようです。4は創世記の神様に倣えてことですね。こないだアラブの格言という本を読みましたが、隣の芝は青い、のように、隣の飯はいいにおい、だかなんだかがあったような。見ちゃいますよ、となりですもん。それに、悪いことをしたら隠せ、です。

モーセさんはエジプトの王子として育てられたヘブライ人。モーセさんはエジプト人を、仇討という名目で殺害…十戒を授かった人間が…。人間とはヘブライ人、ゴイムなんてどうでもいい精神はここからきてるのでしょうか。逆に、大罪を犯したから罪深い人間を率いるリーダーになれた説もあります。挫折知らず、苦労知らずのぼんぼんじゃだめだわ、ということでしょうか。何にせよ、旧約聖書最大の山場、ヘブライ人の誇り、精神の根幹はエジプト大脱出劇にあるのではないでしょうか。

エジプト人を打ち殺し、ヘブライ人を救ったモーセ自身の中でモーセは英雄でした。しかし、後日、ヘブライ人同士でのいざこざを止めに入ろうとすると、「だれが、お前を我々の指導者や裁判官にしたのか。きのうエジプト人を殺したように、わたしを殺そうとするのか。」と言われました。真の敵はエジプト人だろ?とモーセは思いました。殺人がばればれだったので逃げました。私利私欲のための殺人じゃないのに!純粋にヘブライ人を解放したかったのに!感謝されたかったわけなんかじゃないのに!なので、たちが悪いです。そして月日は流れ、天使が舞い降りるんです。

モーセさんについてはフロイト先生がかなり特殊な興味深い考察をなさってます。
モーセはエジプト人とか、モーセはレムの民に殺されたとか、モーセは二人いたとか、ヤハウェはモーセの神ではないとか 。知識がないので真偽どうこう私には言えませんが、史実と聖書が合わなかったり、聖書にモーセがエジプトで何を得たか書いてないところから考えると、ありなんでしょうか。何より、フロイト先生、ユダヤ人でいらっしゃいます。自分の根っこを探る精神分析学者。むずむずします。

やすいゆたかさんのキリスト教とバイブルの研究より・・・・・・・・・ここからこぴぺ・・・・・・

 新しい王(ファラオ)は、イスラエルが 強大化して、エジプトの実権を掌握するようになることを恐れました。イスラエルの上に 監督をおき、重い労役で苦しめたのです。漆喰こね、れんが作りおよび田畑の務めなどで す。それからヘブル人のお産を手伝う助産婦に命じて、男の子なら殺し、女の子なら生か しておくようにしました。ところが助産婦は神を恐れていたので、男の子も殺せなかった のです。そこですべての民に命じて、ヘブル人の男の子を川に投げ込ませたのです。レビの家で も男の子が生まれて隠し切れなくなり、パピルスで編んだかごに男の子をいれて川に流し ました。それをファラオの娘が拾って、「モーセ」と名付け、自分の養子にして育てたの だと「出エジプト記」ではなっています。

 ところが、あの精神分析学の創始者フロイトの 解釈では、モーセは生粋のエジプト人の高官だったというのです。フロイトは精神分析を「ユダヤ人」という民族に適用したのです。フロイトの分析によ るとこうです。モーセはエジプトで起こった太陽神アートンの一神教を布教する仕事をし ていました。だがその宗教改革の推進者のアメンホテブ四世(イクナートン)が亡くなっ てから、エジプトでは廃れてしまったのが悔しかったのです。そこでモーセは、ヘブル人 をエジプトから解放してあげる代わりに一神教を押しつけたということなんです。

 ところが一神教は自然を神にして祈ってはならないという掟なので、なかなか定着しま せん。トーラーが厳しすぎるので、猛烈な反発が起こり、ついにモーセは殺されてしまっ たのです。でもねモーセはなんといっても「エジプトの悩み」から解放してくれた大恩人 です。とんでもないことをしてしまった、ということになりました。すごい罪の意識に襲 われたというのです。そこで自分たちが民族の父モーセを殺したという事実を忘れ去り、 否定しようとしたのです。その為にはどうしたらいいでしょう。

 死体を山中に埋めてしまって知らん顔をするとか。 でも、それって他人はごまかせても、自分自身はごまかせませんね。自分自身をごまかす のはどうしたらいいでしょうか?自分がやったことを自分はやってないってごまかす方法 です。そんな自分勝手なことできるのでしょうか。それはモーセの教えをひたむきに実践 することです。厳しいトーラーを厳密に守り抜くことによって、自分たちはこれほどモー セの教えを守り、信仰しているのだから、モーセを殺した筈はないじゃないかと自分に言 い聞かせることなんです。

 フロイトは彼自身ユダヤ人の出身ですから、ユダヤ人の民族的運命悲劇には深い関心が あったのです。ユダヤ人はどうしてこんなに何千年も迫害され続けなければならないのか というテーマです。それはもちろんユダヤ教という排他的な宗教にこだわり続けてきたか らです。じゃあ何故迫害される原因であるユダヤ教にこだわるのでしょうか。そりゃあ、 信仰しているからですね。でもなぜ信じるかが問題です。それに答えるのはむつかしいで すね、だって信仰というのは、神の方から気がついたら自分の中に入ってしまっていると 言われていますから。

 フロイトの分析では、モーセの一神教を信じるという形ではモーセ殺しの罪を贖えませ ん。罪を贖うって、どういう意味でしょう?代償になる犠牲を払って、罪をチャラに、つ まりなかったことにしてもらうことなのです。イエス・キリストは人類の罪を贖ったと言 われています。この人類の罪というのは神に背いて禁断の木の実を食べたことだったのな ら、原父殺害は冤罪です。

 でも禁断の木の実を食べたというのは事実というより、あくまで想像上の罪です。フロ イトは、本当の原罪を民族の父モーセに対する原父殺人にあると推理しているのです。こ の罪をキリスト教はキリストの十字架によって贖罪しました。ところがユダヤ教徒はユダ ヤ教によって、原父殺害を否定したので、それを贖うことすらできないことになってしま ったのです。そこで彼らはユダヤ教という排他的信仰を守り続け、それによって迫害され 続けることによって、罪を隠し続けなければならなかったと解釈しているのです。

 なんだか頭がパニックになりそうですね。だってキリスト教もモーセを殺したことは認 めていませんし、ユダヤ教徒もトーラーを守って罪を償い続けているんだったら、三千年 償えばもう充分じゃないかと思いませんか。フロイトが言うには、キリスト教は、庶民が いくら代償を払い続けても無駄で、聖なるキリストの死によってしか贖えない恐ろしい罪 を犯したという潜在的な罪の意識を持っていたのです。この意識にしっかり応えているか ら、あとはイエスが本当に救い主キリストであると認めるかどうかだけが問題なんです。 でも、ユダヤ教はトーラーを遵守することによって、罪を隠し続けているだけで、本当の 償いになっていないということなんです。

・・・・・・・・・・・ここまでこぴぺ・・・・・・・・・・・・

ややこしいです、宗教。そして日本は寛容すぎです。何を信じたって自由ですから、キッパかぶってシオニストの正装でユダヤ教最大の聖地である嘆きの壁で祈りをささげた小泉元首相、堂々とおっしゃったらどうです。オバマさんもブッシュさんもやってらっしゃいましたね。日本と違い、あれは敬虔な信徒にしか許されないです。靖国神社が問題になってますが、問題になるのもおかしいし問題にするのもおかしいです。

今日はバレンタインデー、キリスト教の聖名祝日です。聖ウァレンティヌスの殉教の日、でしたが1969年の典礼改革で史実上明らかでないとしてカトリック教会の聖人歴から除かれたそうです。

現政権が祝日をごちゃごちゃいじろうとしてますが、祝日になってる日付には理由があるんです。休みになりゃいいってもんでないので、やめていただきたいです。
[PR]
by 18682012 | 2010-02-14 23:13 | 雑記
日本書紀で、神武天皇が即位なさった日。辛酉年春正月庚辰朔。今日、新月じゃないですけど。
趣旨「建国をしのび、国を愛する心を養う。」と規定されています。

他の祝日は祝日法ですが、2月11日は政令で定められてるそうです。内閣が出す、位が上な法です。
「建国記念の日」であり「建国記念日」でないのは史実に基づくうんぬんの話なようで、建国された日を祝うのではなく、国がつくられたこと自体を祝う日のようです。建国した日付けは不明とされています。なんだか憲法の日とごっちゃになっている人がいるようで、私だけですか、大日本国憲法発布が明治22年の2月11日だそうです。

戦後、紀元節がGHQさんにより廃止されましたが、当時の日本国民の意思により昭和42年に建国記念の日として祝う日となりました。現代を生きる日本人の何人が建国した事実を祝う意識があるんでしょうか。国というものがわからなあばばば。

それにしても起源がはっきりとわからない、神話と繋がってしまう不思議の国。大切にしましょ。ところでこのあやふやっぷりを見ていると、過去のねつ造というものは意外と簡単なのかと思ってしまいます。歴史は生き残った者が好きな視点で綴るもんですから困ったもんです。事実は小説より奇なり、なんていう詩人の言葉がございますが記録は何ら脳内で加工されます。人間だもの。専門家の方々がいらっしゃいますが、どこまで何が本当なんだろうと疑ってしまいます。

国民の祝日です。国旗を掲げてこたつでみかんしながら日本の歴史でも学ぼう。

参考
日本文化いろは事典
ウィキペディア - 建国記念の日
[PR]
by 18682012 | 2010-02-11 03:55 | 雑記
ホロコースト、イスラエル建設のための口実=イラン大統領
2009年 09月 18日 21:14 JST

 [テヘラン 18日 ロイター] イランのアハマディネジャド大統領は18日、テヘラン大学で演説しホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)は「嘘」であり、ユダヤ人国家を建設するための口実だと述べた。
 大統領は「(ホロコーストという)シオニスト体制(イスラエル)構築の口実は誤りであり、証明不能な神話に基づく嘘だ」と」発言。「シオニスト体制との対決は、国家的・宗教的義務だ」と述べた。

ちょっと古いニュースですが、強烈なことおっしゃってます。まじ半端ないです。けど、一国の大統領がここまではっきりと言うということは必ず何らかの裏付けがあるはずです。

ブログの使い方がよくわかりません。HTMLやらCSSやらさっぱりです。
[PR]
by 18682012 | 2010-01-10 23:34 | 雑記