タグ:米国映画 ( 3 ) タグの人気記事

監督 クリント・イーストウッド
出演 二宮和也、渡辺謙、

以下物語の内容が記載されております。

父親達の星条旗の方が力が入っているのは一目瞭然。アメリカ本土は華やかだな。日本の田舎も農作やって市役所勤めしてたそうですね。まごうことなきアメリカ映画。史実を元にしたフィクション。

「ここはまだ日本か」栗林中将のこのせりふ、意味がわからんなんて節穴さんどころじゃなかろう。これは日本でのうのうと今を生きている日本人に言いたいのよ!じゃなくて映画的に、冒頭の「こんなクソみてぇな島アメリカにやっちまえ」に対する台詞でないの。二度あることは三度ある、二度目は家庭の話をしたときなのかな。戦争映画である前に、西郷さんと栗林閣下、父親と息子の体のヒューマンドラマだ。ドキュメンタリじゃないよ、映画だよ。

西郷さんの顔に飛んだ上官の血も洞窟の壁に飛んだ米兵の血も赤かった。どちらの国の母親も息子に、生きて帰ってきて欲しい。つまり、白人と黄色人種を統一化する思想が強い。世界が100人の村だったらや地球はひとつといったように。日本兵と米兵は背景が全く異なるのにな。

この作品見て反戦とかどこに目つけてんだ。目標達成のための行為を不条理だとか虚しいものだとか言うのか。先祖敬え、領土大切にしろじゃないのか。これが18歳までに詰め込んだ偏見が異なるということなのか。「憂鬱になった」も理解できんが、「考えさせられる」はもっとわからん。この感想は小学校の読書感想文の訓練の成果だ。センター試験国語の小説を解くとき「根拠は?」と言われるだろ、かいてないことを感情的に想像しようとも妄想の域をでない。読書感想文かセンター試験かってのも嫌な感じだね。教育は洗脳、思考パターンまで遊ばれてるとは気味が悪い。日本語は間を読んじゃいますよね。世に出された作品は受け取る側により解釈は様々だ。しかし、悲惨だとか日米合作!視点により敵は変わるとか史実と異なるとかクソメディアと罵る癖に同じ感想もつんだな。まあ映画もその一部で洗脳の道具なんだろうけど、寂しいな。

映像特典の記者会見を見つつ思ったこと。マイペース、ハリウッド憧れ、記者の「~ですが。」という質問系、「~というか」連発の阿呆っぽさ、通訳さんの微笑み、半端ない。

しっかりしゃべりたいけど、難しいわ。努力する。
[PR]
by 18682012 | 2011-03-25 04:01 | 映画
監督 キャサリン・ハードウィック
出演 クリスティン・スチュワート、ロバート・パティンソン

ネタバレ注意。


吸血鬼と転校生の禁断の恋愛。

でいいのかな?ちょっとヒロインの血を吸わない理由がわからない。また、同族と争ってまで追い回して得る価値がヒロインの血にあるのか。吸血鬼がLongかつHappylyに一緒に居ましょうとヒロインに言う。ならなおさら吸血鬼化させるべきでは。

吸血鬼の特徴:日光に当たると皮膚がきらきら、低体温症、不眠、超力持ち、瞳が変色、謎の嗅覚、不老…

輝いてきらきら?加えて個別の能力があるのかな?弱点はないのか?ホモサピエンスの下に甘んじているのはなんでだ?

シュールな笑いをくれる。カメラをやけにぶれさせてる気がした。超人的運動能力を発揮するシーンは現代CGとは思えない出来。筋力強化とかちゃちなもんじゃねえ、舞空術だ。野球シーンが余りにも芸術的、少林サッカーのほうがリアル。肘上げて投げて。あの暗さじゃボールがまじで見えない、そこは吸血鬼能力か。それから、顔の白塗りと首の地肌色の境がときどき見えて舞妓さんみたい。


ヒーローである吸血鬼氏が天沢聖司ばりのストーカーで怖い。窓から不法侵入し寝顔を見てたなんて、受け入れられんでしょう。自分から誘っておいて拒絶、なんだこいつ。
ヒロインは冒頭のモノローグから声?発声がなんか男前。ときめいてる最中(多分)もスカしてる感じがする。表情があんまかわらん。よくいえばアクティブでクール。

印象に残ってるのは友達のにやにやあらまあと言った表情。欧米の人って歯が命度合いが日本より高いね。
好きなシーンはお父さんに罵倒浴びせて家出るとこ。ああ17歳だったねって思えた。お父さん、親友も死んで、気遣って優しくしていたつもりの娘に罵倒を浴びせられ、災難。

社会現象になる要因が解らなかった。親の再婚設定か?別居がいいのか?特殊能力?王子様が迎えにくる?ロミジュリ?ときめきトゥナイト?花男?本はおもしろいのかな。恋愛物が合わないだけかもしれない。ハートマン軍曹を見てウジムシ卒業兵器だヒャッハーなテンションで突っ込んだのが悪かったのかもしれない。「殺す力を持ってる」とか言われても、別種だし生存競争は当然じゃないか。字幕翻訳がちょっとよろしくないと思う。難しいな。
[PR]
by 18682012 | 2011-02-27 01:42 | 映画
監督 スティーヴン・スピルバーグ
出演 トム・ハンクス、エドワード・バーンズ、マット・デイモン

2時間50分ある。ノルマンディー上陸作戦時の舞台裏フィクション。リアル武器兵器にこだわり。おなみだちょうだい戦闘もの。凄まじい音響と映像。

ネタバレ注意


わざわざ1人のために8人を遣わすという物語の起こりが理解できなかった。なので何してるんだ感が見てる間中あった。上の命令通りにしか動けねんだよ!そして本人発見後、帰れと言われてもほれ見ぃや!という結果。なんだこの茶番劇。

息子皆戦死知らせが母に届くのはあまりにも残酷だ。WWIIの原因である世界恐慌を米ドル刷りすぎで起こした、米本土が無傷であることの方が残酷な史実だ。


ネオナチを連想させる坊主頭なドイツ軍。降伏しろと歩かせたドイツ兵が再び敵として現れる。腕でも撃っておけばな。決して好意的表現ではないのでは。また独軍捕虜に「俺ユダヤ人」とアピールしてる姿も気持ち良いものではなかった。監督がユダヤ人であるためますます気になった。
宗教感や欧州事情を理解できてないので、何がまずいとかちょっとわからないですけども。ドイツ側だって軍人です。

英軍ノロマ。米の指揮系統を理解しなかっただの言われてますね。連合軍は大変だな。カナダ、オーストリラア、ニュージーランド、英国連邦壮大。加えて英国亡命中のポーランド志願兵。あとノルウェーか。まとめるのはちょっとたいそう。当時は英仏が強かったのかな。今は米国が世界警察すぎる。納得いかないけれど、俺はHEROと思わないとやってられないのは想像できる。

キャタピラを考えた人は天才。惚れ惚れする適応力。ただ、戦車は視界が狭すぎる。初号機がブリテン製ならしかたあるまい。一人乗りで頭出てたけどね。

最初の20分でちょっとわくわくし過ぎた。黒澤明監督オマージュしか思い出せん。
[PR]
by 18682012 | 2011-02-25 23:00 | 映画