監督 ハワード・ホークス
出演 ハンフリー・ボガート、ローレン・バコール、ウォルター・ブレナン

以下ネタバレあり。


「用があったら口笛を吹いて」だったかなんだかがアオリとして使われていたアーネスト・ヘミングウェイ原作「To Have and Have Not」の映画。しかし、そのセリフは劇中でてこない。原作の跡形もないと評判。ヒロインに惚れ込んじゃって脚本変わりまくったそうで、いきあたりばったり。ヒロインは劇中「スリム」と呼ばれ、当時のモデルや女優としてはかなり細身。強く恰好良い女性像として今でも(フェミ跋扈ガリ気味推進の今だから?)人気のローレン・バコールさん。トルソーより締まったお腹なコルセット体型。アメリカ人男性の理想の女性像は昔から自立した強い女性だったんでしょうか。大和撫子は絶滅してもその人気は不滅だと私は思っている。アメリカの大胆な気質には合わないかもな。ヒロイン役者当時19歳で緊張してるようですが、妖艶で生々しい。素性不明で手癖も悪い、けど茶目っ気がある。現代のマドモアゼルがはまるのもわからないでもない。スター女優を作りたかった監督的には大成功だろう。

大戦中のフランス領カナリア諸島が舞台ですが海は靄がかってます。モノクロなので良いんですが釣りの際、爽快感がない気がした。カジキはなぜカジキだったのか、鮫じゃだめなのか。カジキも蜂も刺す?いや、ソードフィッシュだしな。考えるだけ無駄かもしれん。ところで公用語は英語なのかな。
結局口笛ふかないのか、もったいない。髭剃ってそして最後にキスでしめるのさと妄想したけどなかった。警察出たあと向かったバーの名前がゾンビで、嫌な感じがしたのになんにも起こらんというジーザス。「死んだ蜂のがたちが悪い」は伏線かと思いきや、警官殺してこれから盛り上がる!?てとこで終わる。先読みのしすぎなんて意味のないことは止めて。

見所は上記のヒロイン、酔いどれを演じるウォルター・ブレナン、ハードボイルなボガート。あとまったりした音楽とまったりたゆたうタバコの煙。遠近感とか時間の流れとか…ハリウッドはわからん。モノクロ映画は画面が締まって見える。

字幕も喋ってる言葉も年代をなんとなく感じた。アメリカ英語も変わってってんだなあ。
[PR]
by 18682012 | 2011-03-24 02:50 | 映画
私はテレビ・新聞を見てないので執拗な取り上げかどうか判断できませんし、それより国会や中国の尖閣接近の方が重要なニュースなのはわかります。しかし、カンニングした人間を擁護するのはおかしいと思います。「子供の将来を潰す気か!」「アイディアの勝利!」どちらもちゃんちゃらおかしいです。

19歳って、そんな子供じゃないでしょう。20のお誕生日来てなくて良かったですね。「合格したかった」って試験に臨んでる人は皆そうです。知恵袋に書き込む暇があるなら、真剣に設問と向き合ったらどうです。悩んだ結果分からず書き込みでは回答が間に合わないでしょうし、自分で考える気などないのでしょう。浪人して結局学力が足りなくてカンニング。大学に入っても講義についていけると思えません。ついていけないと勉学が詰まらなく学校に行かなくなったり、カンニングしたり、Wikipediaまるコピペでレポート提出したり。
バレなかったら入学していた可能性があるのですから、真っ当な受験生は大学側に不信を募らせるでしょう。ネットは世界中に発信している。勉強のできる友人に聞いたってバレやしません。カンペ持って入って試験監督に発見された場合、不合格はあっても逮捕は無かったでしょう。4つの大学入学試験で行ったようです。根本的に勉強の頭が足りない。味を占めた道徳心のない常習犯には情状酌量の余地などない。

「試験監督の目がザルすぎるのが悪い。」教授陣は多忙ですし人数も限られるので、監視の目は甘いかも知れません。これは大学側がきちんとすべき点です。しかし、試験中に監視のためと言ってコツコツ歩かれたら気になって仕方がないでしょう。万引きされたら店が悪いんですか。監視カメラに防犯タグ、管理社会が皆さんお好きなようですね。道徳なんてなくなるのでしょうか。

大学院に進学し、学歴ロンダリングすることをお勧めいたします。

外部の者による大学の業務妨害犯を探すため警察へ。そしたら犯人の動機はカンニングでした。これから受験生はカンニングするという目で、そういったことを考慮した体制で試験監督に見られる、不快でしょう。
[PR]
by 18682012 | 2011-03-04 17:30 | 時事